2021年4月1日 初のグループホーム、ラポール・フレンズを開所しました。
2019年12月1日 「ラポールみなみ」西脇から登呂へ移転しました。
2018年9月14日 本部事務局と相談支援チャイムが駿河区有東に引っ越しをしました。
s移動に合わせ法人の登記上の住所も移転しました。
2018年4月1日 ラポール川原・みなみがラポール川原から独立し「ラポールみなみ」となりました。
2017年4月1日 生活介護事業所「ラポール安倍川たまち」ができました。
2015年6月22日 ラポール川原が桃園町から光陽町へ移転しました。
2014年4月1日 指定相談支援事業所「チャイム」を開設しました。
2013年4月1日 会計基準を『新社会福祉法人会計基準』に変更しました。
同時に経理規程も変更しました。
障害者自立支援法が「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律
(障害者総合支援法)」に変わりました。
2010年10月1日 新しい事業所として、ぽけっとベンチタイム麦の会の3事業所が集まり、
就労継続支援B型事業所のラポール・タスカとして静岡市駿河区新川で事業を開始しました。
2010年4月1日 ラポール川原の従たる事業所として、工房みなみがラポール川原・みなみとして加わりました。
2009年4月1日 多機能型事業所のラポール安倍川とラポールたけみにおいて、
「自立訓練(生活訓練)」のサービスが「生活介護」に変更されました。
 新たに就労継続支援B型事業所として、ぽけっとファームがラポール・ファームとして、
チャクラ・ワーキング・ハウスがラポール・チャクラとして加わりました。
2007年4月1日 当法人の法定施設5ヵ所は、事業認可を受け障害福祉サービスの事業を開始しました。
新しい福祉サービス事業への移行に伴い、利用者保護者並びに職員のアンケートにより名称を
「ラポール」に変更しました。 「ラポール」とは利用者と事業者の信頼という意味です。
2007年2月20日 障害者福祉サービス事業へ移行するため
定款を従来の第1種社会福祉事業から第2種社会福祉事業に変更しました。
2006年4月1日 障害者自立支援法が施行されました。
2005年1月1日 あおい、川原の2授産所が法定施設として事業追加されました
2003年11月1日 国の認可を受けて、社会福祉法人静岡手をつなぐ育成の会を設立。
安倍川、古庄、たけみの3授産所が法定施設として事業認可を受けました。
2003年4月1日 静岡市静岡手をつなぐ育成会は設置運営している小規模授産所について
安定財源の確保と社会的信用の確保を図るため、法定施設への認可申請準備に着手しました。